Erehwon

徒然なるままに。言の葉を吐き散らしてます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

EREHWON No.1 

予期せぬ雨で、彼女の小さな可愛らしい模様の傘が、それ程人通りの多くない通りで開いた。

この雨は予想の範囲外で、身長190cm近くある通称「のっぽさん」な僕は、157cmという日本人にはありがちな背丈の彼女の為にだいぶ身を屈める事になった。
誰かに見られたら面倒なことになるなと思いつつ、仕方なしに彼女の肩を抱き寄せる。めったにしない行為に「そんな優男みたいな事をしやがって」と小さな僕が呟いたので、「濡れるからね」と誰に対してなのか分からない言い訳を声として吐き出した。

「ああ、ラッキーです。だから雨が好きなんです」

悪戯っぽく、少女のように笑って言った彼女の唇に、先程まで感じていた体温は無いように思われた。
女性という生き物は不思議なもので、数分前の逢瀬すら既に過ぎ去った事になっているらしい。
リプレイする残像は、とてつもない妖艶な姿であると言うのに。

「雨だと視界が悪いから人に見られる確率が減るでしょう。普段2人で歩いていたら100%バレるけど、こうして雨が降っていて、傘をさしていたら70%くらい?60%くらいかしら?」

対して疑問にも思っていないのだろう。口にした数字に根拠はまるでなく、センテンスを楽しんでいるだけのようだった。そんないい加減な彼女を愛おしいと思う僕は、これは一時的な感情だと自身に言い聞かせる。

「次は、いつ会えそうですか?」

歩道から空車のタクシーを探していると、いつも別れ際に彼女が口にする言葉が降ってきた。雨脚は一層強くなっている。一刻も早く帰宅しなければ、長年履き続けているお気に入りの革靴が残念な事になるだろう事は容易に想像ができた。

「連絡するよ、すぐだよ」

確信は無かったが、安心と安定の為の嘘は直ぐに出てくる。

「分かりました、待ってますね」

そう小さく呟き、彼女は視線を落とした。嘘だと分かっているのかどうかは判断がつかなかった。

多少雨に濡れながらもタクシーを1台捕まえ、彼女にすぐに乗り込むよう促した。彼女とは帰り道が正反対なので、僕は一緒に乗り込むことは出来ない。すぐに次のタクシーが来るから大丈夫だよ、と言い、彼女に最後の笑顔を向ける。

その刹那、

「これ、どうぞ」

と、まだ折り畳まれていない傘を渡された。

「えっ、でも」

「どこかで捨てても良いですよ。あなたが濡れたら嫌だから。それじゃあ、また」

そう彼女が口早に言うと、タクシーのドアは閉まってしまった。車の中から口角を思い切り上げた太陽の様な笑顔の彼女が手を振る。

走り去ったタクシーを見送り、僕にはおよそ似つかわしく無い小さな傘をぼんやりと眺めた。
これは僕への挑戦状なのだろうか。それとも単なる優しさか。難しい問題は一旦棚上げし、タクシーを捕まえる事に専念しようと思い直す。

傘をつたう雫は、雨で霞んだ都会の夜光にも増して、キラキラと光っていた。

category: EREHWON

thread: 自作小説 - janre: 小説・文学

TB: --    CM: 0

20170408 



もう本当にお別れしなくちゃ。

君に気付かれないうちに。



「呟く言葉はさようなら」




category: Blog

TB: --    CM: 0

20170306 

お別れの言葉って凄く難しくて、多分まともに言えたことってないんじゃないだろうか。
相手が気付かないうちに掻き消えれたらどれだけ良いだろう。どうかどうか、自分のことを1日も早く忘れてください。そんな事をぼんやり考える。

人の人生に影響を及ぼすのを自分は良しとしていない。それは恋愛以外も同様。自分が相手の思い出として残りたくないという、極めて偏屈な思考を長年患っている偏頭痛と共に持ち続けてきた。

その日その日の自分がベストな状態ではないと認識している。そもそもベストな状態の日なんてかつてあったんだろうか?
そんな疑問を口にした時、人生で最後の、最愛の人になるであろうと思っていた人に「そんな状態、考えられない」と言われた。

久々に見たくなった昔の写真。
この頃は今みたいな自分が居る現実は無くて、でも精一杯、手探りで未来を紡いで居たと思う。

今はもう何にもない。怖いものすらない。ある意味無敵かもしれない。



不器用な愛がとても悲しくて、切なくて、愛おしい。けれどこの状態はあの人にとって、必然的に思い出になってしまうんだろう。

どうかどうか、1日も早く、自分を忘れてください。そんな事をまたぼんやりと考える。



category: Blog

TB: --    CM: 0

diary 

や、もう怖い。
怖すぎる。

2017年になってんじゃん。
自分何歳っていう。

お誕生日メッセ、今気付いた。姉御、ごめんね。
無視した訳じゃないよ(´・ω・`)
ホントだよホントだよ。
って多分もうこのブログ見てないだろうけど。

最近またすんごい勢いで頭でっかちになってて、でもそれを隠そう(大人ですから。)としてたら、遂に限界がきて爆発したのなー、いやー、自分にも限界ってあんのね。吃驚。

ここ、もう本当に誰も見てないし、やっと本当に自分だけの場所になったかなーなんて。なんて。

最近は好きな人の幸せを願って、その人が幸せならいいやって仏みたいな気持ちになったりして、そうこうしてる間に好きじゃなくなるっていうか最早諦めよう、みたいな人から見たらワケワカメスパイラル。

文章崩壊してんなおい。疲れてますね。

だってさ、自分じゃ幸せにしてあげれないんだからしょうがないじゃんって。普通の幸せを手に入れて欲しいんだって。例えばさ、歳をとってさ、縁側でお互いの白髪を染め合うようなさ。それを孫が見て、「これが愛なんだー」って自然と知る、て言うか大人になってから気付かされる、そんな幸せだよ。自分にはそれが出来ないんだもん。しょうがないじゃんって。

何で出来ないのって、格好付けて、自分に酔ってるだけじゃないのって言われたって、だってこちとらもう世捨て人だよ。命の木に辛うじて片足引っかかってるだけなんだよ(´・ω・`)笑っちゃうでしょ、こんな事言ってるイカれた奴。

誰にも分かってもらえなくて良いんだ。
優しいねとか、心が広いねって言われるのは嬉しいけど、そのベースは悲しみだったりするよ。本当にね。

皆幸せになっちゃえばいいと思うよ。本当にね。



category: Blog

TB: --    CM: 1

diary 

ひっさびさにここを見てみて吃驚した。放置の仕方ハンパない。もう殆ど荒地。廃墟。なのにしれっと何かを書こうとしている自分。まぁ自分らしくていいけど。

日々脳みそがショートする位仕事をして、なのにその合間に友人と遊んだり、恋もして(恋に年齢は関係ないハズ)、充実してるなぁと思ったり。
自分の生き方を「本当に格好いいですね」と言ってくれる人がいて、絶対に本気では言ってないのは理解しているけど、「まあね」と流す術も身につけた。大人になったもんだ。きっとモフモフ隊長も感心してくれていると思う。隊長、毎日寝てるだけだけど。

明日も明後日も同じように仕事をして、友人と語らって、恋もして、モフモフ隊長と遊んで。なんて楽しい日々なんだろう。こんな風に歳をとれるなんて考えてもみなかった。

過去の自分に「ざまあみろ」って言ってやりたい。

category: Blog

TB: --    CM: 1

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。